写真・ビジュアル・大型本

IMA Vol.6

ふしぎな写真である。

今号の表紙は、一見しただけでは写真なのかグラフィックアートなのか迷いさえする写真だ。

そして中を読んで納得する。

今号の特集は、「スティル・ライフは語る」だ。

 

スティル・ライフとは何か。それは静物写真を指す。

写真を習う段階で、必ず与えられる課題が静物写真だろう。

静物写真は、被写体(無生物のみ)と、背景と、照明とカメラが、逃げ場なく向かい合うことで生まれる1枚だ。

商業写真ならクライアントの意志が、そしてそうでなければフォトグラファーの独創性が

支配権を持つ。

そのために、後者ならこれは完全な芸術写真だと言えるだろう。

 

 

さて、表紙の写真に立ちかえってみると、これは静物写真に大小さまざまな円形のシールを貼った作品だという。

最初に見たときに感じたふしぎさは、立体的な被写体を写しこんだイメージに平面のシールを貼っているからなのだろう。

まるで夢の世界のようなちぐはぐさが癖になりそうなシリーズである。

 

 

また、同じ特集の中に、世界各地の地雷をまるでカタログのように写したシリーズがあった。

中には香水の瓶のようなものまであり、解説者と同じように、地雷にここまでの形や色の種類があること、

そしてそれを広告写真のように撮影しているフォトグラファーの意図に多少なりとも戦慄を覚えた。

 

 

【バックナンバーはこちら・・・】

Vol.0(IMA購入者にプレゼント中!)はこちら…

Vol.1はこちら…

Vol.2はこちら…

Vol.3はこちら…

Vol.4はこちら…

Vol.5はこちら…

 

(txt:F.Maki)

 

 

出版社: アマナホールディングス

頁:210p

サイズ:29.9 x 22.8 x 2 cm

価格:¥2,000(税込)

 

※特定商取引に関して※

ご注文はこちら
※商品のご注文はメールでも承っております。ただし、在庫に限りがございますので、確認次第、追ってご連絡をいたします