M.Aoyama

M.Aoyama アーカイブ

思い出のしな

旅先から帰ってしばらくして熱が冷めてみると、なんでこんなものを買ってしまったんだろう?と 自分ながら首を傾げしまう経験はないだろうか。 旅熱に浮かされた買い物。 例えば必要もないキーホルダー、パッケージに笑ってしまったが [...]

詳細はこちら

夏休み

大人と言われる歳になってから、「夏休み」を実感するひとはどれくらいいるのだろう。 会社に勤めていても、この暑い最中にある程度まとまった期間の休みを「支給」して貰える。 しかし「休暇」と「夏休み」とは、言葉や語感以前に根本 [...]

詳細はこちら

きりとれない空

空が高い、と思う日がある。 空が澄んでる、と思う日もある。 でも、空が広いなぁと思うことは、東京で暮らしているとあまりない。 遥か頭上にある建物に挟まれた隙間に、 その日その日の明るさや色や形を見つけることで「空」を感じ [...]

詳細はこちら

災難は最高の調味料

食べることは人生だ。 かしこまった食事も、家族で囲む普段のご飯も、飲んだくれてあまり記憶にない一皿も、全部血となり肉となり、記憶となって身体に蓄積されていく。 しかしその記憶というのも、美化誇張忘却の賜物ではある。どんな [...]

詳細はこちら